EUR/USD
Google
GBP/USD
Amazon

相場最新情報

利益チャンスを見つけてください

相場を先取りしてください

発表ニュース = 利益チャンス
実況ニュース、分析、予想、シグナルを通して成功戦略を形成してください

カレンダー

経済カレンダーは、バイナリーオプション取引で最も役立つ情報源の1つです。それは、株式、指標、商品、または外国通貨ペアの相場に影響を及ぼす、市場での行事を投資家に伝えます。

経済カレンダーで、狙いを追い続け、大きな利益が生まれそうな行事、日付、時刻を見つけてください。

世界市場リポート

世界市場リポートは、外国通貨、商品、指標、株式の情勢分析にお役立て頂けます。同リポートは、取引原資産やその取引時期の選択を支える、もう一つの情報源となります。

24 Feb 2017, UTC 21:51

予測は今後60分に対するものです。常にリスク管理を心がけてください。

予測は今後60分に対するものです。常にリスク管理を心がけてください。

分析:いったん上昇後に下落。市場は依然下落基調だが、いったん上げてから赤色の支持線に向かってさらに下落する可能性がある。 RSIは弱含み傾向の中、もみ合いとなっている。

推奨戦略: プットの買い

各市場開始前に発行される日刊市場レポートでは市場内で取引される原資産の動きについての情報提供を行っています。さらにあなたの投資における戦略をより確かなものにするため、日々の経済事象により、影響を受けやすい原資産の種類についてお伝えいたします。

28-07-2016

28 Jul 2016

2016年7月28日

日本標準時 通貨 イベント 前回 予想
03:00 USD (米)FOMC声明
03:00 USD (米)政策金利発表 <0.50% <0.50%
10:30 AUD (豪)輸入物価指数(前期比) -3.0% 1.6%
15:00 GBP (英)全国住宅価格指数(前月比) 0.2% 0.0%
終日 EUR (欧)ドイツ消費者物価指数速報値(前月比) 0.1% 0.2%
21:30 USD (米)失業保険申請件数 253K 261K

 

国際市場概況

アジア市場は、夜のうちにあたる時間の米Fed金融政策会合を控えて、概ね横ばいの動きになったのだが、国によっては目立った動きをいくらか見せるところも点在するような様相となった。日本の日経平均は、安倍晋三首相が予定されている刺激策は市場予想の2倍程度の規模になるだろうとの声明を行ったことから、前日に見られていた損失を取り戻すような推移になっており、1.72%の上昇になっている。一方中国本土市場は、アジア地域の下落の方の流れを先導する結果になっており、日中は一時3.6%という大きな下落を記録した後になって、中国の政府筋が投機取引とレバレッジの使用についての取り締まりを強化したことから、最終的には1.91%の下落で引けた。香港はこの本土市場の下落に動じることはなく、ハンセンは0.40%のアップとなって一日を終えている。またオーストラリアのS&P/ASX200も、損失を取り戻して0.04%のわずかな利益を記録した。そして、シンガポールのストレイツ・タイムズが0.27%の値上がりになった一方で、韓国のKospiは0.11%の下落になっている。昨日のヨーロッパ市場は広範囲に上昇したのだが、米国市場については米Fedに動きがなかったことから混然とした状態となって引ける一日となった。現在の注目は日銀に一心に注がれており、もし大規模な刺激策が行われるとの噂が本当であれば、来週のアジアには順調な上昇が見られる可能性もあるのだが、それでも今日の取引は控え気味のものになりそうである。 

 

外国為替市場

日本円──昨日の日本円は、ユーロと英ポンドに対しては弱まったのだが、米ドルと豪ドルに対しては変化がない水準で一日を終えるなど、混然とした状態になっている。日本円に関しては今後は更に弱まるものと予想されており、特に日本の安倍晋三首相から言及された28兆円に及ぶ刺激策に関するコメントが本当であった場合には、正にその予想通りの展開になると考えられるだろう。

ユーロ──水曜日のユーロは広範囲に強まっており、ほぼ全ての通貨ペアに対して上昇したのだが、英ポンドに対してはわずかな上昇に留まって引けている。

米ドル──水曜日の米ドルは、米Fedの金融政策に動きがなかったことから、混然とした状態になっている。米ドルは英ポンドとユーロに対して弱まった一方で、豪ドルに対しては早い時間に見られた利益を返上するような流れになっており、最終的には変化がない水準で引ける結果となった。

英ポンド──水曜日の英ポンドは、ほとんどの通貨に対して強まったのだが、ユーロに対してはわずかに弱まって引けている。

豪ドル──水曜日の豪ドルはユーロと英ポンドに対しては落ち込んだ一方で、米ドルと日本円に対しては変化がない水準でセッションを終えている。

 

株価指数

日経平均──日経平均は、予定されている刺激策は市場予想の2倍以上になるだろうとのニュースを受けて、値上がりしての開始となった。このニュースは、日本の安倍晋三首相のコメントによるものである。これによって昼過ぎには市場は一時2.7%という上昇を記録したのだが、日本円が強まったことを受けて午後になるとその利益を減らす流れになっており、最終的には1.72%の利益を記録する結果となってセッションを終えた。もう一つこの日の株式の下支えになったファクターとしては、日本政府が初めて50年物の国債の発行を始める意向であることを発表したことだろう。

上海総合──中国本土市場は当初は好調な開始になったのだが、新しいレギュレーションがレバレッジの使用を制限することに加えて、財テク商品を抑制することを意図するものであると、午後の遅い時間になってから投資家達が認識したことで、大幅に下落する流れとなった。この結果午後早い時間には、この株価指数は一時3.7%の値下がりを記録するような状態だったのだが、遅い時間になってからはこの損失はいくらか和らいでおり、最終的には1.91%の損失を記録して引ける一日となっている。

S&P/ASX200──このオーストラリアのベンチマーク指数は、一旦は値上がりしての開始になったのだが、昼頃には変化がない水準まで戻るという推移になった。午後からは変化がない水準辺りで上下を繰り返す流れになった後、S&P/ASX200は0.04%の上昇に留まって一日を終えている。

 

株式銘柄

富士フイルム株──水曜日は、円高によって日本の主要な企業が決算発表で軒並み脆弱な結果を出すことになっており、この富士フイルムも第1会計四半期において前年比で54%という純利益の落ち込みを発表することになっている。同社は、円の強まりによって83億円もの利益が減らされることになったと発表しており、昨日のこの銘柄は2%の上昇という形でこのコメントに反応を示したのだが、今日の早い時間の取引では9%以上のダウンとなった。この下落によって、昨年の8月には5,300円という水準であったこの銘柄の価格は今では3,700円以下まで落ち込む様相となっている。またこれによって、この銘柄の価格は50日の移動平均線を大きく割りこんでいるのだが、もし過去のパターンに倣うとすれば今後のこの銘柄はこの低水準からの跳ね返りを見せることになるだろう。そしてその後は、3,900円~4,000円辺りの水準にまで戻って来ることになるものと思われ、そうなった場合には今回は良い取引チャンスになるとも考えられる。

see full article here here

27-07-2016

27 Jul 2016

2016年7月27日

日本標準時 通貨 イベント 前回 予想
02:30 AUD (豪)消費者物価指数(前期比) -0.2% 0.4%
09:00 EUR (欧)M3マネーサプライ(前年比) 4.9% 5.0%
09:30 GBP (英)GDP速報値(前期比) 0.4% 0.5%
13:30 USD (米)耐久財受注(コア・前月比) -0.3% 0.3%
15:00 USD (米)中古住宅販売成約指数(前月比) -3.7% 1.9%
15:30 USD (米)原油在庫発表 -2.3M
19:00 USD (米)FOMC声明
19:00 USD (米)政策金利発表 <0.50% <0.50%

 

国際市場概況

火曜日のアジア市場は、概ね上昇する動きになって引けたのだが、今週後半の米国および日本の中央銀行会合を控えていくらか警戒感も見られた。その中で、中国本土市場が上昇の流れをリードしており、1.14%のアップを記録したのだが、アナリスト達はこの上昇の要因を特定できない様相となっている。香港もこの本土市場の上昇に追従する格好になっており、ハンセンは0.73%の値上がりとなった。一方日本の日経平均は、アジア地域の平均を下回るパフォーマンスを示した市場になっており、今後の刺激策に対する期待が弱まったことに加えて日本円が米ドルに対して大幅に強まったこともあって、昨日は1.43%の下落で引けている。オーストラリアのS&P/ASX200は、取引最後の数分でマイナス圏から抜け出しており、最終的には0.07%の値上がりを記録した。またシンガポールのストレイツ・タイムズが0.12%アップした他、韓国のKospiも同国の第四半期GDPが予想よりも好調な結果になったことから、0.75%の上昇となって引ける一日となっている。ヨーロッパ市場は、警戒感の見られる取引になった中でもわずかに上昇したのだが、その一方で米国市場は米Fedの金融政策声明を控えた警戒感を受けて横ばいとなっており、混然とした状態となって引ける結果となった。今日のアジア市場の開始時には、投資家達が夜のうちにあたる時間に予定されている米国のFOMC会合結果に備えていていることから見ても、昨日と同じような警戒感が見られるものと予想されている。 

 

外国為替市場

日本円──火曜日の日本円は、日銀による刺激策がこれまでの予想よりも大幅に小さな規模になるのではないかと日本のメディアが報じたことから、それぞれの相手通貨に対して広範囲に強まって引けている。

ユーロ──火曜日のユーロは、豪ドルと日本円に対しては弱まった一方で、英ポンドに対しては穏やかに強まっており、また米ドルに対しては早い時間に見られた利益を返上して変化がない水準で引けるなど、混然とした状態になっている。

米ドル──火曜日の米ドルは、今日の米Fedによる金融政策声明を控えて、トレーダー達が警戒感を示したことから、概ね弱まる流れになった。しかしユーロに対してはその例外になっており、米ドルは遅い時間に強まったことを受けて変化がない水準で引けている。

英ポンド──火曜日の英ポンドは、米ドルに対しては穏やかに強まったのだが、ユーロと日本円に対しては下落しており、また豪ドルに対してはほぼ変化がない水準で引けるなど、混然とした状態になっている。

豪ドル──火曜日の豪ドルは、ユーロと米ドルに対しては順調に上昇したのだが、日本円に対しては弱まっており、そして英ポンドに対してはほぼ変化がない水準となって引けている。

 

株価指数

日経平均──日経平均は、日銀が計画している刺激策が6兆円程度のものになると見られており、これは市場がこれまで予想していた10~20兆円という規模よりもずっと小さなものであるとメディアが報じたことに反応する形で、値下がりしての開始になった。日本円は、このニュースを受けて強まっており、これが株式に対して更なる圧力となって重なったことで、この日の日経平均は1.43%のダウンでセッションを終えており、アジア地域の下落の流れを先導する格好となって引けている。

上海総合──上海総合は取引最初の1時間で順調に上昇しており、それに続く午前中についてはほぼ横ばいの水準に留まった後、昼過ぎには再び上昇傾向の勢いを取り戻すという流れになった。こうして取引終了時には、この株価指数は1.14%のアップを記録したのだが、このアジアをリードした順調な上昇の要因については、結局のところアナリスト達もはっきりと特定できない状況になっている。

S&P/ASX200──コモディティー市場の脆弱さによってS&P/ASX200は早い時間においては下落する動きとなった。こうしてほぼ終日マイナス圏での取引になった後、市場は取引最後の1時間で上昇しており、これによってS&P/ASX200は0.07%のアップを記録して引けている。

 

株式銘柄

キヤノン株──日本の映像機器及び光学機器メーカーのこの銘柄は、キヤノン社が年間での業績予想を引き下げたことから、火曜日は2.79%の落ち込みを記録する結果となった。これによってこの会社は、先月のブリグジット投票後に業績予想を引き下げた最初の日本のハイテク企業になっている。ギヤノンは、年間を通した業績予想を350億円引き下げており、この結果として投資家達から罰せられる格好となった。もちろん、この会社が投資家達に罰せられることはこれが初めてではなく、2015年の4月に4,500円以上という高値を記録して以降は、ここまで既に下落を続けている形なのである。またこの会社は、2016年の後半は米ドルに対しては105円、ユーロに対しては115円という為替レートを想定しており、これはある意味保守的な姿勢であるとも言えるのだが、逆に言えばこれは次の同社の決算発表においては予想を上回る収益に繋がる可能性もあると言えるだろう。しかし過去の15ヶ月間はずっと下降トレンドとなっていることから、その理由だけでこの銘柄を買いと評価することは難しいのではないかと思われる。

see full article here here

全てを見る 国際市場概況

無料の機会を利用して、あなたの取引力を高めます

新たにポイント還元プログラムが開始されました

Ybinaryでお取引をすることで最高5%=5万円のポイントプログラムをご利用頂けます。詳しくは口座担当までお尋ねください。

8,000以上のキャッシュバックキャンペーン実施中

最低入金額以上のご入金でご入金額の40%キャッシュバック対象になります。 キャンペーンをご利用を希望の場合は日本デスクまでご申請下さい。

デジタルオプション取引は、資金の一部もしくは全てを失うリスクをある程度伴うものです。オプショ ン取引によって利益を出すことを企図している全てのトレーダーはこの事実を考慮に入れておくべ きです。Ybinaryでは、クライアントの皆様に対して、当社のプラットフォームでポジションをオープ ンする以前の段階で、当社の利用条件を注意深く読むようアドバイスさせて頂いております。Ybinaryのプラットフォーム上にて表示されるデジタルオプションの価格付けなどは、会社側がオ プションを売る準備を整えた段階での値段の表示であり、ライブ状態の市場相場や販売時点で の相場レート、そのどちらにも一致しない可能性がありますことをご了承下さい。YbinaryはYマーケティングサービス株式会社が所有し運営するブランドです。所在地 は20-22ウェンロックロンドン、イングランドです。またYマーケティングサービス株式会社はYマーケティング株式会社の子会社となります。こちらの所在地は505スイート グリフィスコーポレートセンター、 POB 1501 、ビーチモント キングスタウン セントビンセント・グレナディーン諸島です。